お金を貯めるために色々な節約術を紹介しています。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたは家計簿をつけていますか?家計簿をつけている人はある程度節約上手でしょう。また、家計簿をつけていない人はおそらく節約をしていない。または節約ができていない人が多いと思います。あなたはどうでしょうか?家計簿をつけることによってどこで無駄な出費をしているかがわかり、その無駄な出費を削ることで節約できるのです。



まずは家計簿で節約できる余地を探しましょう。節約したいと思ったら、まず、家計簿をつけてみることです。出費の中には、意外と無駄が多いものなので、家計簿をつけることによって、その無駄をはっきりさせます。


家計簿はなるべく毎日つけて、使いすぎたら節約して調整するようにしなければなりません。家計簿をつけるのに慣れてきたら、一ヶ月の生活費の予算を立てて、その予算の範囲内で生活してみてください。


あまり極端な節約目標を立てると、挫折する原因になります。最初は、すこし我慢するくらいの節約目標にしておいて、達成できたら、少しずつ増やしていくやり方が挫折しないコツです。


節約目標を達成したら、ケーキなどのご褒美を自分にあげるのも励みになると思います。ご褒美といってもあまり高いのをご褒美にすると何のために節約しているかわかりませんから、節約できた金額の何割かをご褒美の金額にしましょう。


家計簿をつければ、自分がどこに一番お金をかけているかわかるはずです。もっと節約することはできないのか、本当にそんなにお金をかける必要があるか、そんな風に出費の仕方を見直すことが節約に繋がります。


面倒で家計簿をつけるのが続かないという人には、パソコンのソフトを使ったり、今流行のDSで家計簿をつけるという方法がオススメです。できれば、費用をかけずに、ノートと電卓で家計簿をつけられたらいいのですが、家計簿初心者には難しいかもしれません。


入力するだけで自動計算してくれるようなソフトを使って家計簿をつければ、自分で計算するよりは続けられるはずです。また、多少は計算が合わなくても、とにかく家計簿をつけていくことが大切です。金額が合わないとイライラするものですが、家計簿をつける目的は節約なのですから、多少の差額は使途不明金にでもしておいてください。

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。